ミラノウニカと7つの安心③

 

 

 

 

TAILOR FIELDS商品担当のTAKAKIです。

 

TAILOR FIELDSの信条「プレミアムな7つの安心」のひとつ《いつでも、最旬なスーツをオーダー出来る安心》という価値をお客様に提供するため、前回に引き続き2018-19AWミラノウニカでの調査内容をお知らせします。

 

前回のブログはこちら

ミラノウニカと7つの安心①

ミラノウニカと7つの安心②

 

TAILOR FIELDSでオーダー頂くお客様に、時代やトレンドにマッチしたスーツを提案することが、今回の海外出張の最大の目的となっています。

引き続き、トレンド内容を見ていきましょう。


■パターン傾向‐チェックやストライプの柄感に注目‐

チェックの人気は相変わらずではあるが、JK単品使いの可能な存在感のあるストライプも多少増加傾向にあった。特徴は柄というより、柄の出し方に表れていた。ブークレヤーンを使用し、かすれ感を出した柄出しがチェック、ストライプともに目立っていた。クリアカットの人気が薄れ、ジャケットライクに見えるマットな素材感は提案の拡がりを持たせられる。

 

■素材傾向‐クラシカルな見た目の軽量ミルド素材‐

昨年に引き続き、季節感を打ち出しながらも軽い、というギャップを感じられる素材が多く提案されていた。配色としては、昨年より明るめのものを打ち出しているブランドもあり、ミルドの風合いをより引き出していた。ウエイトは200gを下回る素材もあり、軽さを追及していた。

 

■ジャケット傾向‐ブークレ人気拡がる‐

ブークレの人気は衰えず、ジャケット素材を得意とするメーカーは必ず提案していた。ブークレ素材をさらに進化させているブランドもあり、スーツ使い可能なコットン混紡生地をクラシック調の柄感とともに提案していた。

 

コート傾向‐キャメルで高級感の演出‐

コートは、カシミア、アルパカ、モヘア、上質ウールを使用したチェスターフィールドコートでの高級感漂う提案が盛んだった。市場では、コートの単価が増加傾向であり、注目されていることが要因の様子。特に、レディースを扱うメーカーに関しては精力的に展開を行っており、今までレディースしか使用していなかった素材を提案していることも新鮮だった。

 

■ジャージー傾向‐スーティングを意識したブランド多数‐

ストライプ柄のジャージー素材をはじめ、スーツ使用を意識した素材が多く見られた。素材感としては、メランジ調に仕上げ安っぽくならないよう工夫されていた。

 

もちろん、トレンドをそのままご提案するとビジネスシーンにはマッチしませんので、TAILOR FIELDSのフィルターを通した上で、リアルな商品を店頭でご提案出来ればと思います。

 

本日はここまで!!

 

次回は、実際に店頭でご提案する予定の生地をご紹介しますね。

 

【プレミアムな7つの安心~TAILOR FIELDSがお客様にお伝えしたいコト~】

1 何時でも一着¥23,000+税からオーダースーツが作れる安心。

2 誰でもお好みの生地が見つかる安心。

3 何時でもご予算内でオーダースーツが作れる安心。

4 誰でも体型に合うスーツが出来る安心。

5 何時でもアフターサービスが受けることが出来る安心。

6 誰でも簡単にスーツをオーダー出来る安心。

7 何時でも最旬なスーツをオーダー出来る安心。