織物の貴人-シルクの誘惑-

皆さまこんにちは テーラーフィールズ横浜店です。

突然ですが、シルクと聞くとどんなイメージを思い浮かべるでしょうか。

高級感、繊細さ、美しさでしょうか?このようなイメージはどうやら私たちだけのものではなく、古くから多くの国で珍重されており、世界や時代を超えて人々を魅了していたようです。

800px-Silk_raw_01a

シルクは、中国で約3000年前の黄河文明に製法が確立しました。神秘的なシルクは中国における最重要交易品となり、今では常識となっている蚕の糸を紡ぐ製法は極秘とされ、決して外部に漏らされることはありませんでした。
この美しい繊維は、世界中の人々の羨望の的となります。中国からユーラシア大陸を横断するほどの交易路が発達するまでになり、これが「シルクロード」と呼ばれるようになります。

Silk-Road_course

中世には、ヨーロッパ全体の治安が低下したことでシルクの交易は一度途絶えてしまいますが、シルクの価値をいち早く再発見したイタリアのシチリア王国がシルクの生産技術を学び取り、イタリア各地でシルクの生産が活性化していきます。ほどなくしてシルクの生産技術はフランスにも伝わり、ヨーロッパ中の貴族を魅了していきます。

800px-Catalonia_Terrassa_mNATEC_CardaObridora

今回ご紹介するのは、ヨーロッパでのシルク生産の先鞭をつけたイタリア産のシルク混紡生地です。

IMG_2471

シルクの光沢感を殺さないように、ツヤがありながらも耐久性に優れるウールをベースにし、滑らかなシルクを混紡したこちらの生地は、日常でのご利用に耐える耐久性と、シルクの持つ光沢感や滑らかさを存分に楽しめる一品です。

20160710024236IMG_0054
 

深みのある紺色に、白糸を織り込む事で作り出された表情は、あたかも月に照らされた波打つ夜の海の様です。生地の表面は程よく起毛がかかっており、バランスの良い柔らかさと光沢感が楽しめ、スーツに仕立てることでドレープ感を十分に楽しめる事でしょう。

IMG_0058

皆さまも、古くより人を虜にしてきたシルクの魅力をスーツで楽しんでみませんか。

ご来店お待ちしております。