ディテールで差がつくオーダースーツ! 広島店

いつもテーラーフィールズ広島店のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

「天高く馬肥ゆる秋」

収穫期である秋の充実感、爽やかな季節感を表した言葉ですが、元の意味は違うそうです。今はポジティブなイメージの言葉ですが、元々はネガティブな意味だったそうです。

言葉も形あるものも時代の流れや生活様式の変化と共に、そのカタチを変えたり、意味が変わったりします。スーツのディテールもそうです。というわけで、

 

今回は成人式や卒業を控え、初めてスーツをオーダーされる方が多いこともあり、スーツのディテールについてご紹介します。

一般的にメンズのスーツのフォルムは同じように見えますが、細かく見ていくと違いがあります。その細かな違いで、スーツの印象が変わります。

ご自分でディテールを決めていくのもオーダーの醍醐味のひとつです。

 

ジャケットのディテールで見ていきます。

◎腰ポケット

テーラーフィールズではジャケットの腰ポケットは5つのパターンをご用意しています。

水平と斜めのフラップ付ポケットにそれぞれチェンジポケットもお選びいただけます。

フラップは雨蓋といわれポケットに雨やほこりが入らないためのものです。タキシードのように屋内での着用を想定したものには付きません。

斜めポケットは「スラントポケット」「ハッキングポケット」とも呼ばれ、乗馬の時の前傾姿勢に合わせポケットが斜めになったと言われてます。スーツを着て乗馬される方が少ない現代では、スーツに違いを生み出す貴重なデザインとして残っています。

チェンジポケットは右の腰ポケットの上に付く小さなポケットです。その名の通り小銭(change)を入れるためのものでした。キャッシュレスが進む現代でもデザインとして残っています。腰位置を高く見せる足長効果が期待できます。お洒落で存在感のあるディテールですので、TPOを考え取り入れましょう。

斜めチェンジポケット

 

◎ベント

ジャケットの後身の裾の切れ込みです。

ノーベント、センターベント、サイドベンツからお選びいただけます。

センターベント、サイドベンツは元々は馬術や帯剣した時に動きやすくする為の機能的なディテールです。

鏡で見てもご自分では確認しにくい部分ですが、後ろ姿も意識したいところです。明確な違いはありませんが、個人的な印象ですが、センターベントはスマート、サイドベンツの方が重厚感を感じます。

ノーベントは機能性よりもドレス感を優先しており、フォーマルスーツにオススメです。

 

一部をご紹介しましたが、テーラーフィールズではジャケット・スラックスで13の選択箇所、552,960通り(CLASSICO ITALIA)のパターンをからご自分だけのスーツをお選びいただけます。

全部はご紹介しきれませんので、詳しくはお気軽にお問い合わせくださいませ。

ご要望、着用シーンに相応しいディテールやコーディネートをアドバイスさせていただきます。

 

 

♦成人式や入学式用のご準備、スーツ・シャツ・ネクタイの買い足しをお考えの方に大変お得なフェアを行っています。

11月29日(日)までオーダースーツをご注文いただくとシャツ・ネクタイがなんと無料でついてきます。(詳しくは⇒ここをクリック

 

例えば成人式なら、

無地に近いネイビーのピンチェックのスーツに、同系色のギンガムチェックシャツ、ペイズリー柄のタイ。タイはウォッシャブルですのでお食事の時も安心です。白やサックスのシャツとも相性がいいです。

通常オーダースーツ¥38,000+オーダーシャツ¥7,000+タイ¥4,500=合計¥49,500+税

¥38,000+税 スーツ1着分で3点ご注文いただけます。

 

 

♦広島店では引き続きお客様とスタッフの安全に配慮し、適切な感染防止策を実施しています。

 

プランナー 大山


テーラーフィールズ広島店

広島市中区中町 4-8 チュリス中町 1F

平和大通り沿いの三井ガーデンホテル広島様北側